着陸装置のピーニングと処理

着陸の準備

着陸装置全体のピーニングが必要か、または修理のために着陸装置のピーニング部位を特定したいかどうかにかかわらず、Wheelabratorは最適なソリューションを提案します。
航空機分野の真の課題は、すべての金属に共通の疲労破損の問題に対応することです。

“エアブラスト技術による着陸装置のピーニング ”

スポットショットピーニングや着陸装置全体のピーニングは、複数のノズルとランスを使用するエアブラスト手法によって行うことができます。

複数のノズルとランスと組み合わせた多関節ロボットまたは可動台部をさまざまな軸で動かすと、複雑な形状の部品を処理することができます。このような方法では、外部と内部の表面の同時ピーニングを行うことができます。

“着陸装置の塗料除去”

着陸装置の保守、修理および診断(MRO)を現場で行うには、塗料除去とその他のブラスト研掃のための閉回路式ブラスト機を使用することができます。

着陸装置を航空機から取り外す場合は、上述のエアブラスト技術またはホイールブラスト技術を使用してさらに徹底的な処理が可能です。

How to Shot Peen 15 Aircraft
Wheels an Hour

Airblast and Wheelblast hybrid equipment drastically reduces process times

Read the Case Study here.

納品:

18週間以上

技術:

エアブラスト

MPR 1500 LDG着陸装置ピーニングシステム

各種の複雑な着陸装置の部材のID + ODショットピーニング(内面と外面のピーニング)に適しています。

続きはこちら

納品:

18週間以上

技術:

エアブラスト

MPR 2200ロボットピーニングシステム

完全な工程の信頼性を確保したツーロボットサテライトテーブル機は、航空機やガスタービンの用途向けです。

続きはこちら