Amazone での回転不要の連続ブラスティング: 農業機械メーカーで新しい LBS がデビュー

発行日時

農機メーカーのAmazoneでは、ハンガリーのモションマジャローヴァールの製造設備用にWheelabrator製の新しくより軽量なLBSメッシュベルトショットブラスト機の最初のモデルの1 つを購入しました。

この設備では、組立およびコーティング前にさまざまな鋼部材の投射を行うための、Amazone の「Cayros」のシリーズのマウント式リバーシブルプラウ(鋤)を製造します。

この新しいLBS 1000-15.3-4/11 メッシュベルトショットブラスト機は、旧式のWheelabrator製以外のブラスト機に代わる機器です。新しいマシンのピットレス構造により迅速かつ柔軟なコミッショニングが実現します。ベルトが信頼性の高いメッシュになっているため、比較的狭いスペースで、すべての面から部品をタンブリングさせずに効率的に連続的に投射できます。

全面にわたる優れた投射処理を実現するため、投射機はベルト方向に傾け、最適な位置に配置されています。

2018年4月に正式に発売されたこの新しくより軽量なLBS型メッシュベルトショットブラスト機は、最適化された投射パターン、そしてローディングの高さは旧バージョンよりも人間工学的に優れています。

Amazoneのメッシュベルトショットブラスト機は、4 つの非常に効率性の高い11kW TITAN製投射機を備えており、1000mmのベルト高さ (ローディングの高さ) を特徴としています。最大幅1000 mm、高さ500mmまでのワークピースに対応できます。

Amazone のプロジェクトでは、機器の標準バージョンはより長いワークピースに対応するため拡張インレットおよびアウトレット領域を備えています。

ハンガリーの Amazone の運営責任者は次のようにコメントしています。「長年にわたり、またヨーロッパのさまざまな生産拠点では、さまざまなメーカーのショット ブラスト機を使用してきました。当社のロシアの同僚が 2~3 年前に Wheelabrator 製の機器を購入し、機器の操作性と Wheelabrator チームが提供するサービスのサポートが優れているということで、当社に Wheelabrator製の機器を勧めてくれました。

Amazone の新しい LBS メッシュ ベルト ショット ブラスト機を 2017 年 7 月に発注し、2017 年 12 月に試運転を行いました。