石油生産とパイプライン

電力供給の準備

石油パイプラインの表面処理と腐食保護

石油管とガス管は、研掃し、防食コーティングを行ってから、最終コーティングに備える必要があります。

Wheelabratorは世界中のエネルギー会社とそのサプライヤに対し、管の研掃と表面処理を行うための内径ソリューションと外径ソリューションを提供しています。

 

“”

Wheelabratorのスキューロール機は、特に、管、ロッド、バー、円筒形タンクなどの管状製品の外部表面処理用に設計されています。これらは、しばしば、錆除去、鋼鉄の一般的な研掃、エッチング、形状形成、ピーニングに使用されます。

スレットのショットピーニング

石油会社は、石油の生産に使用される掘削管の外部と内部のスレットをピーニングする必要があります。

吸水管のショットピーニング

吸水管は、使用している油井内で最も重要な部品の1つであり、油井の表面にあるポンプジャックを坑底ポンプに接続しています。鋼棒はねじ込み式の連結器によって連結され、約5,000フィートの長さになります。ショットピーニング工程は、坑底の使用によって吸水管に蓄積する残留応力を解放し、強度と耐久性を増す利点があります。ショットピーニングは、吸水管が油井内にあるとき、ロッドの外側の層に圧力を印加することで吸水管の腐食を防止するのにも役立ちます。また、ショットピーニングによってできるアンカーパターンによって、塗装剤が簡単に付着します。この塗装剤の役割は、保管中と日常の使用中の腐食を防止することです。

詳細と、お客様の個々のニーズについては、こちらからお問い合わせください。