風力エネルギー

将来に備える

風力エネルギー分野向けの表面処理とピーニング

風力エネルギー分野のお客様のために、Wheelabrator Groupは、標準ブラスト装置とカスタマイズブラスト装置の設計、製造および設置を行い、表面形状形成、ピーニングおよびコーティング前の表面処理に対応する最新技術を提供しています。

鋳造部品、構成部品および鋼板/部位は、研掃され、還元鉄と錆が除去され、金属部品がピーニングされ、強度と耐久性が増加します。Wheelabratorは20年以上にわたって風力分野と連携しながら、機械の設計とデータの分析を行って、提供する技術の継続的な改善と拡張を行ってきました。

 

“風力タービンタワー”

風力タービンタワーの塗装と乾燥工程について、Wheelabratorは特に、広角ノズルの空気分散手法を開発しました。この手法は作業エリアの良好な通気を保証し、導入する空気の動きを大幅に減らし、加熱エネルギーの消費と運用コストを削減します。

“鋳造部品と構成部品”

鋳造部品と構成部品は、さまざまな方法でブラスト研掃を行うことができ、周期的な応力を受けながら動作するギヤ/ハブの部位によっては、ピーニングを行って耐疲労性を高める必要のある場合があります。詳細については、ピーニングのページをご覧になるか、こちらからお問い合わせください。お客様の個々のニーズに適した最善のソリューションを見つけるお手伝いをします。

“風力タービンの複合材料ブレード”

当社の姉妹会社であるMatrasur Compositesは、風力タービンブレード向けの複合材料用途に対応する技術を開発しました。詳細については、www.matrasurcomposites.comのWebサイトをご覧ください。または、info@matrasurcomposites.comに直接メールにてお問い合わせください。