MPRF 16000ロボットピーニング・成形システム

MPRF 16000ロボットピーニング・成形システム

納品:

18週間以上

技術:

エアブラスト

用途:

ショットピーニング

主なメリット

最先端のピーン成形技術

2台のロボットと監視ソフトウェアでピーニング処理を簡略化

工程の反復性を保証

高度な精度と柔軟性

機能

  • 最大の部材サイズ:直径16000 mm x 高さ2500 mm
  • 最大の部材重量:2000 kg
  • 各自が2~6個の圧力ノズルを処理する、2つのグループの左右対称のロボット(1台のロボットにつき6軸)
  • 飽和ピーニング時に2台のロボットが左右対称に同期することが可能
  • 部材位置をスキャンするカメラを装備した視覚システム
  • 最大240 kg/minを供給する、空気圧やショットの流量を調整可能な閉ループ調整機能を備えた2台の高精度発生装置
  • アクセスが容易で、騒音を吸収する二重ライニングを装備した、堅牢な構造で作られた大型のピーニングチャンバー
  • インレットやアウトレットが、容易なアクセスとメンテナンスを可能にする完全に引き込み可能なブラシとカーテンを装備した前室を通過

用途

航空宇宙の主翼外板の飽和ショットピーニングとピーン成形用です。

高度な精度と柔軟性

MPRF 16000主翼ピーニングマシンは、航空宇宙の主翼外板の飽和ショットピーニングとピーン成形用の究極のソリューションです。 
CNCシステムが持つ高度な精度や柔軟性と、幅広い範囲でピーニングの力を制御する能力が合わさることで、ほどんどの場合で必要なピーニングの補正なしに、完全自動モードで複雑な主翼板を成形できます。 
ピーン成形技術における最先端を体現するこのツーロボットマシンは、監視ソフトウェアでピーニング処理を簡略化します。

オプションの機能

  • 取り外し可能な固定フレーム(電動ホイスト搭載)と部材位置認識機能を備えた1台の精密NCオーバーヘッドコンベア