パススルーモノレール型
ショットブラスト機タイプD

パススルーモノレール型ショットブラスト機タイプD

納品:

18週間以上

技術:

ホイールブラスト

業界:

Light/ Medium

プロセス:

インライン

主なメリット

最新の搬送技術

効率性の高いブラストホイール

ショットブラスト時間

複数のサイズおよびモデルを展開

特性

  • 最新の搬送技術
  • 効率性の高いブラストホイール
  • 複数のサイズおよびモデルを展開

Applications

  • 鋳物砂の除去
  • ミルスケール、鍛造スケール、および錆の除去
  • バリやスケールの除去
  • 表面粗さの改善
  • 疲労強度改善のためのショットピーニング

“ショットブラスト時間”

WheelabratorのパススルーモノレールタイプDショットブラスト機(閉ループ操作)は、最新の搬送技術と高効率のブラストホイールの組み合わせで、短いブラスト処理時間が実現します。
ワークピースの切り替えは、パワーアンドフリー装置によって半自動または自動で実行されます。閉ループ式ブラスト機には、モノレール上の回転装置が設けられており、この装置は、投入したワークピースキャリアをタービンの前で回転させます。これは、ブラストホイールを取り付ける必要があるのは、ブラストキャビンの片側のみであるため、メンテナンスの労力と電力コストを削減できることを意味します。

ショット玉は、TITANブラストホイールによって極めて効率的にあらかじめ加速されます。このため、従来型のブラストホイールより処理時間が短縮され、ショット玉の消費量も削減されます。

Wheelabratorで採用されているモジュール構造方式により、幅広い機械サイズ、ホイール出力、オプション装置をご利用いただけます。お客様固有の要件、用途、投資および運用コストに合わせて最適な機械を設計することができます。 

お客様の要件に応じて、インフィードおよびアウトフィードスライスのモジュールを追加することで、工程速度と生産能力をさらに向上させることができます。

 

 

“工程”

ワークピースは、手動操作式のモノレールの回転フックで搬送されるか、または(オプションの)パワーアンドフリーコンベアで自動的にブラストキャビネットまで搬送され、このキャビネットでブラストホイールによってブラスト処理されます。ブラストサイクルは、あらかじめ設定されたブラスト時間に従って実行されます。ブラストホイールが停止すると、ドアが開き、フックが自動的に外れます。

“手動操作式モノレール”

ワークピース搬送装置(フック)をショットブラスト機に手で押し込みます。ワークピースはブラストチャンバーに自動的に引き込まれます。必要に応じて、自動または手動でドアを閉じることができます。
搬送装置の投入/排出は、ショットブラスト機の外側のすべての位置で手動で行うことができます。手動操作式モノレールは、重量の少ない、少量のワークピースに好んで使用されます。

“特殊機能とオプション”

標準の機械:使用済みのショット玉および微粒子は、ブラストキャビネットの下のショット玉回収ホッパーに落下し、スクリューコンベアを介してバケットエレベーターやショット玉再生装置まで搬送されます。

この装置では、使用済みのショット玉は、並外れて大きな微粒子を補足する多孔板塔を通過し、再利用のためのショット玉をクリーニングするショット玉サイロ/空気クリーニング分離器まで送られます。

メディア用途向けオプション

アルミニウムフラッシュの除去などショット玉除去機能の向上のため、再生装置とショット玉サイロの間にバイブロふるいを設置することができます。

鋳造/重量/砂の用途向けのオプション

バイブロコンベアはスクリューコンベアを置き換えることができ、使用済みのショット玉から砂や重量のある汚染物質を最初に除去/分離することができます。機械の耐用年数を延ばすため、砂を取り除くオプションの磁性分離器がコンベアに取り付けられていると理想的です。ショット玉は、これまでと同様に空気クリーニング分離器まで送られます。

パワーアンドフリーコンベア

パワーアンドフリーコンベアは、2つのレールが互い重なりあっているという点を特徴としています。引抜チェーンが上側のレールを走行し、搬送装置が下側のレールに吊り下げられています。パワーアンドフリーコンベアは、様々な生産工程を極めて柔軟に連結できます。

堅牢であるため、Wheelabratorが使用するパワーアンドフリーコンベアは、大量のダストが含まれていたり、高温でありなどの特定の負荷を伴う用途に特に適しています。

処理の際パワーアンドフリー装置は、パススルーモノレールショットブラスト機の搬送工程を自動化し、ダイカッターと亀裂検出装置の間にブラスト機を組み込むことなどによって、この装置を優れた生産管理に接続することができます。分離されたシステムでは、オペレータは、あらかじめ選択された台数の自動加処理される搬送装置を始動させます。

“TITAN投射器”

投射器はショットブラスト機の心臓であり、その設計により機械の性能および利益性が左右されます。

このオーバーヘッドレールショットブラスト機において、TITAN投射器が標準として使用されます。 優れた投射性能、硬化ツール鋼製メイン摩耗構成部品による卓越したサービス寿命に加え、TITAN投射器は他の投射器に比べ、より厚い摩耗ライナー壁厚を有しています。これにより投射器ハウジング内の密閉シールされたケーシングが生み出され保守が非常に容易です。

TITAN投射器をお客様の用途のために理想的に改造することで、多くのバリエーションが利用可能です。

ショット玉の除去

ブラスト工程中は、粉塵、破砕されたショット玉およびその他の固体粒子または汚染物質(微粒子)が、ワークピースから除去された錆およびスケールによって生成されます。微粒子は、ショット玉の様々なタイプおよびサイズに合わせて個別に調節できるショット玉再生装置で分離されます。
ショット玉再生装置は、衝撃分離器とカートリッジフィルターで構成されます。衝撃分離器はショット玉から微粒子を除去し、認定された火の粉消火装置として機能します。また、衝撃分離器はすべてのATEX規制を満たしています。
カートリッジフィルターは、除塵に必要な陰圧を提供します。ショットブラスト機の側面に別途取り付けることができます。フィルターは、強度と期間を調整できる圧縮エアパルスによって自動的にクリーニングされます。フィルターユニットのすべての要素に発火源となるものはありません。
また、必要な除塵を行うために、湿式フィルターユニットを使用することもできます。これは、多くの場合、アルミニウムダイカストに用いられます。

バイブロコンベア

標準のスクリューコンベアの代わりに、バイブロコンベアを使用して、ブラストキャビネットからバケットエレベーターにショット玉を搬送することができます。バイブロコンベアに設置されたふるいは、ショット玉から粗い微粒子を分離します。除塵のために、このコンベアは中央機のダストフィルターに連結されています。

振動ふるい機

中断なくブラスト処理を行うため、振動ふるい機を使用してショット玉をクリーニングします。
振動ふるい機は、ショット玉再生装置の後に使用され、アルミニウムダイカストワークピースのフラッシュなどの粗い粒子をショット玉からふるい落とし、ブラスト処理に影響を与えないようにします。
このふるい機はサイロの上に設置されています。2つの振動モーターで駆動し、振とうふるい機に類似した動作を行います。工程に適合した網目サイズで、不要な微粒子のふるい分けを行います。微粒子は、ダウンホースを経由してビンに自動的に投入されます。
横フラップから簡単にふるいにアクセスできるので、メンテナンスも容易です。

磁気分離器

磁気分離器は、機械の摩耗を軽減し、ショット玉の消費を抑えることで収益性を高めます。
鋳物の鋳造砂および砂中子はブラスト工程で除去されます。著しい摩耗を発生させるため、強磁性ショット玉から鋳造砂および砂中子を迅速かつ効率的に分離する必要があります。これは、磁気分離器で行われます。
調節可能な磁場を持つ2つのローラーとふるい分けボックスで、鋳造砂、砂中子、および微粒子を再使用可能なショット玉から分離します。この方法では、重量のわずか0.2%しか残りません。これにより、磨耗とショット玉の消費量を減らし、より高い収益性をもたらします。