パイプマシン

Wheelabratorは表面形状の測定と溶接鋼管からの錆と還元鉄を除去するために、完全に自動化されたアップブラストまたはダウンブラストパイプマシンを設計および製造しています。

管は外部コーティング工程の前に、粉塵がなくきれいな状態でなければなりません。お客様とともにWheelabratorは次を含む個々の要件を決定し、お客様のニーズを満たします。

  • 鋼製研磨材の種類
  • 形状形成要件
  • 表面研掃要件
  • ライン速度の要件

Wheelabratorはコーティングメーカーと綿密に協力し、コーティングが最もよく付着する適切なパイプマシン形状が得られるよう保証します。

特殊設計の外部スキューロール型の材料処理装置に乗って、管はブラスト機内に搬送されます。さまざまな種類の高生産能力のブラストキャビネットがあり、2インチ~144インチの直径の管を可変の研掃速度で処理します。

Wheelabratorのパイプマシンは、空気洗浄および粉塵収集装置を備えています。この装置は汚染物質および微粒子を除去し、粉塵を制御し、適切なショット玉サイズを維持します。

技術:

ホイールブラスト

用途:

クリーニング

Upblast Pipe Machine

Conveyed through the blast machine on a specially designed external skew roll type material handling system.

続きはこちら