サテライトターンテーブル
ショットブラスト機

サテライトターンテーブルショットブラスト機

納品:

18週間以上

技術:

ホイールブラスト

業界:

Medium/Heavy

プロセス:

インライン

主なメリット

他のワークピースの処理しているときに、同時にワークピースを投入/排出できます。

Features

  • 短い割り出し時間/ダウンタイム
  • 高いブラスト性能
  • 低い工程コスト
  • 極めて高い精度
  • 幅広い搬送技術
  • 効率性の高いブラストホイール
  • 多様なサイズおよびモデルを展開

Applications

  • ショットピーニング
  • 表面仕上げ
  • バリやフラッシュの除去
  • 硬質スケールの除去
  • ブラストクリーニング

“均一なブラスト成果と再現可能なブラスト工程”

Wheelabratorの極めて精密なサテライトターンテーブルショットブラスト機は、自動車業界用途専用に開発されました。
この機械は、通常、3シフト操作で操作し、疲労に対する耐性を向上させるために、部品のブラストクリーニングおよび(または)ショットピーニングに使用されます。多くの場合、正確かつ均一で再現性のある成果の実現が重要です。

“”

機械は、垂直または水平に配置されたブラストホイール、および手動または自動両方の投入/排出装置と併用できます。ワークピースの処理/マスキングをロボットやその他の処理装置が実行することで、ショットブラスト機を完全自動の生産セルにすることができます。
サテライトターンテーブルショットブラスト機の主要コンポーネントは、所定のステップでブラストチャンバー内でワークピースを移動させる切換機構です。このタイプの機械に最適な用途は、回転対称なワークピースの処理です。ただし、Wheelabratorでは、モーターブロックやその他の非対称のワークピースの処理用のサテライトターンテーブルショットブラスト機も提供しています。
 
この機械の主な利点は、他のワークピースの処理しているときに、同時にワークピースを投入/排出できることです。
 
ワークピースの寸法、用途、およびブラスト工程に応じて、3〜36のサテライトに対応できるようにターンテーブルを設計できます。
 

通常のワークピース

  • ギアおよび連結部品
  • ギアホイール
  • シャフト
  • モーターブロック

“工程”

通常、サテライトターンテーブルショットブラスト機(SDTブラスト機)のワークピース搬送装置は、正確な割り出しを行うターンテーブルと、それぞれが独立して駆動する複数のサテライトで構成されています。ターンテーブルは次の3つの領域に分けられます。

1)投入/排出ゾーン

2)ショット漏れを防ぐ入口/出口のショットカーテン

3)ブラスト領域

対称ワークピースは手動または自動で投入/排出されます。その間に同時に他のワークピースを投射することができます。同時にブラスト処理されたワークピースは出口領域で粉塵とショットを除去され、移動の最後の割り出しで機械から取り出されます。

ブラスト領域内で回転するサテライトにより、ワークピースの均一な移動が保証されます。自動割り出しとワークピースの回転により、サイクルタイムの短縮と最適なブラスト成果が実現します。あらかじめ設定されたブラスト時間が経過すると、機械は1つ前の位置を割り出します。新しいブラストサイクルが開始します。

SDTブラスト機は、垂直または水平に配置されたブラストホイールを装備して提供されます。この機械は、ワークピースの投入/排出および問題なく処理を行うためのロボットを組み合わせることができます。

 

 

“特殊機能とオプション”

水平ブラストホイールを備えるSDTブラスト機

このタイプの機械は、シャフトやホイールなどのギア部品の加工に使用されます。60°の幅のブラストストリームにより、ブラスト領域内の、ワークピースを持つ多数のサテライトをカバーできることが保証されます。24のサテライトを備えるバージョンが、極めてよく使用されています。カバレッジエリアが広いため、短い割り出し時間(ダウンタイムなし)と均一なブラスト成果が低コストで実現されます。

詳細については、以下を参照してください。

垂直ブラストホイールを備えるSDTブラスト機

この機械は、ブラストクリーニングとショットピーニングを1つの工程で実施します。重ねられているギアホイール、ギアシャフトなどの高さのあるワークピースや自動車のモーターブロックなどの大量部品などの作成に使用されます。ブラストホイールの垂直方向の配置により、ワークピースの全表面にわたる均一なブラスト成果が保証されます。

シーリングシステム

SDTブラスト機のシーリングシステムは、サテラト数に依存します。サテライトが3つの場合、シーリングはドアで提供され、3つ以上の場合は、ショットカーテンまたはPaternosterシステムで提供されます(オプション)。

 

 

ショットカーテン

摩耗およびメンテナンスフリーのショットカーテンでは、ショット玉がブラストチャンバーから漏れることがないことを保証します。

オプション:ダウンホルダー

SDTブラスト機には、可動式または固定式のダウンホルダーを装備することができます。これらのダウンホルダーは、ワークピースを安定化および/または密閉シールする空気圧制御式締め付け装置です。 

各ダウンホルダーは独自の駆動装置を装備されており、サテライトのベルトの駆動装置と同期されています。電気軸により、ワークピース、サテライト、およびダウンホルダーが同じ一定の速度で回転することが保証されます。

ダウンホルダー装置により、シャフトの完全なブラスト処理とより大きなワークピーススタックの処理とともに、感度の高い領域の保護の両方が実現します。

一般的な用途

オプション:高さ調整可能なブラストホイール

このオプションは、ブラストホイールが水平に配置されているSDTブラスト機で使用されます。ブラスト工程中にブラストホイールが振動することで、ブラスト面積を250 mmまで拡大します。 

高さ調節可能なブラストホイールには、ギアホイールなどいくつかの積み重ねられたワークピースをブラストしたり、ギアシャフトの対象領域をブラストできるという利点があります。さらに、このオプションは、(ダウンタイムのない)極めて短い割り出し時間、高い生産速度、ブラストパターンの高さ全体にわたる均質なショット分布、および均一な内部圧縮応力パターンを提供します。

その他の利用可能なオプション

  • カメラ検知による制御
  • マーキングおよび噴出ステーション
  • ワークピースホルダー用キャリッジ
  • 故障解析の視覚表示
  • ブラスト領域を最大約120 mmまで拡張できるルーフブレード

 

ブラスト機の工程の信頼性

安全コンポーネントの表面処理は、とりわけ、正確に定義された再現可能なパラメータに厳密に準拠することが求められます。最適なブラストパラメータを一定に保ち、ワークピース特性の最大限の向上とブラスト工程の正確な監視と調整を可能にするために、WheelabratorではIndustry 4.0の枠組みでさらに開発された工程信頼性パッケージ(特許取得済み)を作成しました。

これにより、次のような明確な利点もたらされます。

  • 機械のダウンタイムの最小化
  • ショット投射速度の制御
  • ブラストパターンおよび自動再調整の制御
  • 振動制御によるブラストホイールブレードの摩耗試験
  • ショット流速の制御(kg/分)
  • サテライト回転制御
  • ブラストホイールの速度調整

 

ショットピーニング工程用SDTブラスト機 

ショットピーニングは、硬化またはボールブラストとも呼ばれ、金属加工で古くから使用されてきた手順です。ショットピーニングは、表面上および表面下の亀裂の発生および拡大を防止します。このような亀裂は、交互応力、振動、摩擦または腐食によって主に発生します。

表面に円形の鋼鉄ショットを衝突させると、表面付近に再現性のある内部圧縮応力が発生し、ワークピースの機械的特性が改善されます。 

ショットピーニングが行われた部品はより強い応力に耐えることができるようになり、高応力部品の耐用年数が大幅に延び、疲労強度も格段に改善できます。

“TITAN投射器”

投射器はショットブラスト機の心臓であり、その設計により機械の性能および利益性が左右されます。

このオーバーヘッドレールショットブラスト機において、TITAN投射器が標準として使用されます。 優れた投射性能、硬化ツール鋼製メイン摩耗構成部品による卓越したサービス寿命に加え、TITAN投射器は他の投射器に比べ、より厚い摩耗ライナー壁厚を有しています。これにより投射器ハウジング内の密閉シールされたケーシングが生み出され保守が非常に容易です。

TITAN投射器をお客様の用途のために理想的に改造することで、多くのバリエーションが利用可能です。

 

技術仕様

タイプ SDT-H SDT-HO SDT-HD SDT-V
ターンテーブル直径(mm) 1300/2000 1300/2000 1300/2000 1000/1300/1500/2000
ワークピース最大直径(mm)
300 300 300 500
最大ブラスト高さ、ブラストホイール15
65 250 - 800
最大ブラスト高さ、ブラストホイール17
100 - 120 800
サテライト数 24-36 24-36 24-36 3-18
ブラストホイール数 2 2 2 2
ブラストホイール毎出力(kW) 11-22 11-22 11-22 11-22
  水平
ブラストホイール

水平および
揺動式ブラスト
ホイール 
水平
ブラストホイール
およびルーフブレード
垂直
ブラストホイール