RDSスプリングピーニング機

RDSスプリングピーニング機

納品:

18週間以上

技術:

ホイールブラスト

用途:

ショットピーニング

プロセス:

インライン

主なメリット

自動運転、高い処理量、均一な品質によって、生産コストを削減します。

特定の高ブラスト性能: 部品は常に、ショット流の最高効果をもたらすホットスポットでショットピーニングされます。

エネルギーの高効率化、低コスト: 投射機は、供給されたエネルギーを十分に活用するため、投射効果を見込めます。

十分な実績がある分離システムは、要求されたサイズ内のショット玉を維持させます。

機能

  • 連続運転は、簡単、安全で、完全自動生産にピッタリです。
  • 処理対象物の中間在庫の必要もなく、部品の追跡も可能です。 
  • 柔軟に投入/排出できるコンセプトは理想的で、ユーザー要件にマッチします。
  • 調整可能な滞留時間およびスループット速度により、均一な品質でプロセス安全、定められたピーニングが確かなものとなります。 
  • 高性能の自動システムおよび製造の一貫性により生産コストが減少します

用途

  • スプリング(サスペンション)

“サスペンション、バルブおよびリーフスプリング用ショットピーニングシステム”

ショットピーニングは、確立した技術で、高交互応力を受けるコンポーネントの疲労強度を強化するように最適設計されています。軽量コンポーネント用ショットピーニングは、重量、費用対効果に関し最適化されており、特性の限界まで負荷をかけることができます。

“プロセスが安全なショットピーニング”

ショットピーニングは、コスト効果および信頼性の高い技術です。単一の処理方法として、または、複雑なコストのかかる工程の代わりに使用でき、被研掃ワークの形状や大きさに関わらず - つまり、適用範囲が広く、実用的です。あらゆる形状、大きさ、品質のワークを研掃する信頼性の高い、安全な工程をWheelabrator のショットピーニング・システムは、提案します。

RDSスプリングピーニング機

3Dアニメーションはここからご覧ください。

Almen試験:信頼性が保証されます

ショットピーニングプロセスにおいて、信頼性は重要です。各部品は定められた処理を受けます。投射強度はAlmen値およびカバレッジを定めることで制御できます。RDSショットピーニングシステムにおける全てのパラメーター(スループット速度、投射時間、排出速度、ショットサイズおよび流通)が正確に定められるという事実により、Almen強度とカバレッジを調節し調べることができます。

信頼性および長い寿命サイクル

Wheelabrator RDSショットピーニング機はコンパクトな設計を有しており、最小限のスペースで設置可能です。。これは既存の生産ラインに容易に統合することができます。自動手順に一度統合されれば、設置物には定期点検のみが必要とされ、運転費用を減らすことができます。投射ゾーン内の構成部品(ハウジング、投射器)は、高耐摩耗材料でできているかまたは鋼ショットのショット玉効果から保護され、運転寿命を延ばしコストを削減します

簡易でありながら効率的なシーリング要素により遊離ショット玉を防ぎます。特殊な設計対策および精密さによって摩耗部品の容易な交換が可能となります。

統合プラットフォームおよび大きな保守扉を通した最適近接性のおかげで保守作業は便利に素早く行うことができます。

“ユニバーサルブラストホイール”

投射機は、どれを選択するかで電力出力と経済性が左右されるため、ブラスティングマシンの要です。 

このマシンは、U70x500ユニバーサル(間接駆動)ショットブラストホイールを標準装備しています。ホイールは柔軟性に非常に優れており、小型かつ両方向に回転します。完璧なブラストクリーニング成果を発揮するため、機能点検時に非常に役に立ちます。

Uブラストホイールは最高のエネルギー効率を持つ高度な生産能力のブラストホイールです。耐久性に優れた設計は、メンテナンスが容易であることを意味しており、特殊で高度な耐摩耗性の鋳造合金製ライナーがブラストホイールの最小の磨耗と最大の耐用年数を保証することを意味しています。

テクニカルデータ

RDS-2

RDS-4
ワークの外径 (mm) 80-250 80-250
ワークの長さ (mm) 600 600
ブラストホイールの数 2 4
ブラストホイール毎出力(kW 45 45