ストリップスケール処理ブラスト機

ストリップスケール処理ブラスト機

納品:

18週間以上

技術:

ホイールブラスト

用途:

クリーニング, 腐食部分の除去, 錆や熱あかの除去

プロセス:

連続

主なメリット

高信頼性で経済的な操作が、表面清潔度の高度な程度を実現

最大Sa 2~Sa 2.5までのブラストクリーニングおよび表面品質

高い全体的効率および信頼性、低度の占有面積要件

ストリップ幅への容易な適応

機能

  • ブラストホイールの配置およびコンセプトがブラストエネルギーおよび強度の最大の活用を保証し、破壊を防止します
  • 効率的な研磨剤吹き飛ばし、最大の研磨剤クリーニングおよび回収、効率的な塵収集
  • 摩耗対象部品の高度な耐磨耗性の実施
  • 継続的な将来的開発が最新テクノロジーの適用を保証、高度な維持能力

用途

  • 高度に洗練された連続生産ラインにおいて統合されたスチールストリップ(ステンレスおよびケイ素鋼、低炭素鋼、チタニウム)の高度な性能の機械的スケール処理
  • 最大で600mm/1650mm/2100mmのストリップ幅までのタイプシリーズ
  • モジュラーコンセプトが諸生産要件に対応 

“品質が細かいところまで明らかにします”

熱間圧延のステンレススチールストリップ(Cr-Ni、チタニウムストリップ)およびSi-合金ストリップの機械的事前スケール処理および最終化学表面処理は、アニーリング処理、冷却処理および機械的スケール処理を組み合わせた統合処理ラインにおいてほとんど独占的に実施されます。ホイーラブレーターのストリップブラストクリーニングシステムは、この分野で著名であり、明確な利点を提供します。

“狭い幅、中程度幅、および広幅のスチールストリップのスケール処理”

装置は、プッシュプル方式酸処理ラインを含めて、連続処理向けにも同様に最適です。

異なる処理段階の際に、ホイーラブレーターブラストクリーニングシステムは仕様に適合させるために調整することができる。この調節は、研摩剤のスループットレートを制御することにより、研磨剤投入速度または研磨剤衝突の幅を変化させることにより、実施されることになります。これは、最大のエネルギー利用を保証し、最も効率的な資源の利用です。

特殊表面処理の要件は順番に複数機を操作することにより満足させることができる。冷間圧延されたスチールストリップはブラストクリーニングなしでシステムを通過することができます。

機械設計及び操作モード

機械は自立型で、基礎のピットあり、なし、両方対応します。

 

 

構造的特長及びサブアセンブリ

  • 投射室はマンガン鋼製:各モジュール用の4台の投射機(2台は上部、2台はストリップの底面)
    ゴムローラーは、投射室の入り口及び出口サイドに位置し、ストリップをサポートします。
  • ショット玉除去装置:投射室を出たストリップは、圧縮空気送風機により、上部の残存ショット玉は取り除かれ、それらは再利用のため、ショット循環装置に戻されます。
  • エアセパレーター付ショット玉再生装置:エアセパレーターは、回収されたショット玉をきれいにします。消費量により、新しいショット玉が供給されます。これにより、ショット玉量及び投射が適切に維持されます。
  • 集塵装置:投射及びショット玉除去装置、循環装置、セパレーターは集塵装置に接続されます。
ストリップは、モジュールグループ及び後酸洗処理の配置により、直線または斜め上にロールアウトできます。

“水平中間、ワイドストリップ研掃”

これらのシステムは水平投射用に設計されています。個々のモジュールは順に動作します。連続でショット流が効率よくあたるよう、投射パターンを制御し、ストリップの幅をフルにカバーできるよう、投射機の設定を調整できます。投射機を千鳥配置にすることで、干渉を防ぎます。研掃パワーは、ストリップの幅に関係なく一定です。ストリップの通過速度だけは、ストリップの幅に基づいて調整されます。

“水平ナローストリップ研掃システム”

このシステムは、4台の投射機からなる垂直投射用のシステムです。投射機は、投射干渉を防ぐためストリップ平面を斜めに傾動します。オプションのショット玉投入アングルは、内蔵動力をスケール除去力に変換します。全ての投射機は、ベストな投射流があたるよう、新しいストリッププログラムに合わせて、迅速かつ自動的に調整します。

安全運転、容易なメンテナンス

研掃システムの設計コンセプトは、表面を傷つけずにストリップを搬送することです。徹底した研掃及び集塵により、きれいになったストリップが機械から排出されます。シンプルだが、高効率なシーリングにより、ショット玉が飛び出ることを防ぎます。

大きなサービスドア及び特殊構造により、点検及びメンテナンス作業の為のアクセスが容易にできます。定期点検、磨耗部品等の交換の為に全ての投射機へ容易にアクセスできます。コンポーネントは精密に作られており、スペアパーツの取り外し、取り付けを手早く行うことが出来ます。

純正部品のご使用及びWheelabrator のサービスエンジニアによるメンテナンスは、システムの完璧な動作条件を保つために推奨されています。研掃システムは定期検査は必要ですが、オペレーターなしで運転可能です

製造コストの節減

大規模な改造工事抜きで既存の生産ラインに組み込むことができます。研掃力を最適に利用することで、高い研掃度を得ることが出来、最終的に酸荒コストを削減することができます。

ストリップスケール処理ブラスト機

3Dアニメーションはここからご覧ください。

技术数据

中間-幅広ストリップマシン

HB-4/1600

HB-4/2100

ストリップ幅(mm) 600-1600 1550-2100
通過速度(m/分*) 20 15
抛丸器数量 4 4
每个抛丸器的功率(千瓦)  90 90
ショット玉通過レート/ホイール(kg/分) 1200 1200

* 特定のストリップ材、ストリップ幅、スケールタイプ、表面加工に関する正確な速度については、要請に応じて提示します。

ナローストリップマシン

HB-4/600

ストリップ幅(mm) 600
抛丸器数量 4
每个抛丸器的功率(千瓦) 45
ショット玉通過レート/ホイール(kg/分) 550