試験・研究室業務

Wheelabrator は、より強力で、より速く、より効率的で、コスト効率の高いソリューションを常に必要とするお客様のニーズを原動力としています。

新しい開発と技術で業界をリードするために、Wheelabratorは世界中の実験施設で機器の試運転を行い、すべての投射工程を試験しています。これらの専門センターは、現実的な作業環境での投射再現性を確保し、最高品質の表面処理結果を提供するための研究を推進しています。

ドイツ、メテレン

当社では、最新の実験装置をいくつか所有しており、ドイツのメテレンにある当社の最新の試験施設で専門知識を提供しています。当社の精密切削方法は、投射工程を正確に測定して最適化し、過投射、未投射も発生しないようにします。

表面の内部応力は、材料の構造を分析する新しいX線回折計によって識別することができます。このユニークな機能は、特に自動車用として大きな価値があり、精密ショットピーニング工程がどのようにして高強度、部品寿命の延長、性能の向上を達成するのに役立っているかについての正確な情報を提供します。

スイス、チューリッヒ

投射機試験は、主にスイスのチューリッヒにある試験センターで管理されています。

重荷重用途に焦点を当てて実施される試験には、独自の装置設計のための投射試運転、投射機特性の総合的な測定、摩耗部品のライフサイクルの計算、および品質管理が含まれます。

チューリッヒにある研究室では、金属材料の構造を定性・定量的に記述する金属組織学的調査を行っています。

設定された化学組成を用いて、材料の特性とその結果として生じる挙動を解明するために、構造条件を顕微鏡、肉眼で見ることができます。

金属材料の技術、構造や特性、使用時の挙動との関連性は、分析やさらなる開発のための重要な情報を提供してくれます。これは、日常の生産における品質保証のための重要なツールであり、加工ミスの検出や損傷解析に不可欠なものです。

 

90年以上の投射経験と、この分野での約30,000台の納入実績を持つWheelabratorグループは、お客様のニーズに合った適切なソリューションを定義するために、絶えず技術を革新し、開発することで、業界で最も優れたアプリケーションを生み出しています。

Wheelabratorは、業界でもめずらしい、社内に専門の試験装置を持つ企業の1つです。このため、お客様の正確な仕様に合わせて最高品質の表面処理を提供するために、すべての投射工程の試運転と検査を行うことができます。

 

是非Wheelabrator社にお任せください。