機器のアップグレードと近代化サービス

お客様のビジネスの収益性を向上させるWheelabratorの能力は、100年以上の経験と技術革新の精神に基づいています。

これが、お客様の機器を修復、また新技術を導入して大幅な改善を行うことができる理由です。

当社の技術者は時間をかけてお客様の課題を理解し、最新のWheelabrator技術ソリューションを提供して、お客様の機器をアップグレード、近代化することで、お客様のニーズを満たすことができるよう努力致します。またお客様は、現在の投資に見合う機器のライフタイムの延長、高コスト効率が見込めます。
 
お客様の現在の機器がお客様のニーズを十分に満たしていない理由、および機器のアップグレードのメリットを享受できる理由は、運用上、工程上、および/または健康と安全上の理由が多くあります。

 

なぜ今の設備ではニーズに応えられないのでしょうか?

操作と工程の問題

  • 研掃する製品の変更または製品が変更になった。
  • 製造方法が変更になった。
  • 機械の信頼性が低下した。
  • 出力が満たない。
  • 研掃に時間がかかる。
  • より優れた研掃力が求められている。
  • 研掃不足。
  • マシンはすでにフル稼働しており、メンテナンスチームが機器を点検して必要な修理を完了させる時間がない。
  • 技術の進歩により、工程がより速く、より安く、より良いものになる可能性があることを認識している。

健康と安全の問題

  • 現在、手作業での片付けを必要としているショット玉の量など、維持管理の問題。
  • 人間工学的な改善が必要であり、例えば、製品の重量が増加した場合には、製品の取り扱いを自動化する必要がある場合。
  • 排出ガス規制などの法規制の要件を満たすため必要がある場合。
  • 廃棄物処理を改善する必要がある場合。

機器のアップグレードはどのようなメリットがありますか?

  • 機械の稼働時間と信頼性の向上
  • ブラストサイクル時間の短縮
  • より高い清掃水準を実現
  • コストパフォーマンスの向上
  • 維持費の削減
  • 機械の摩耗を減らす
  • オペレーショナルリスクの低減
  • 優れた砥粒分離

応用例について:

  • 投射機(再配置、コンバージョン、投射機の追加)
  • 機械改造(キャビネットライニングシステム、タンブラストミルのアップグレード)
  • 安全衛生(油圧ローダー、安全ゲート、集塵機)
  • リサイクルシステム(風選セパレーター、マグネットセパレーター)
  • ショット玉(レベルセンシング、大容量の容器を含む自動ショット玉補給装置)

Wheelabrator機器以外の装備のアップグレード

Wheelabratorの機器アップグレードにより、現在のショットブラスト機器を完全に近代化し、新しい機械の利点を低コストで提案可能です。

すべての機器のアップグレードは、お客様の個々のニーズに合わせてカスタマイズされるため、どのようなショットブラスト機のメーカーやモデルでもアップグレードできます。

さらに、Wheelabratorは継続的にフォローアップサポートとアドバイスを提供し、お客様のメンテナンスチームに信頼と技術支援を提供します。

Wheelabratorは、ASTRALコレクションの一部として、Wheelabrator以外のブラスト機器用の幅広い交換用摩耗部品を提供しています。

 

機械変換

Wheelabratorはお客様と協力して、ご希望の投射要件を満たすためにお客様の機器を全面的にオーバーホールすることができます。

タンブラスト機の改造の例としては、ミルのアップグレード、デュアルホイールパッケージ、リサイクルシステムのアップグレード、ローダー、排出コンベアの追加などがあります。

キャビネットライナーをアップグレードして、ショット玉による摩耗を減らすことができます。ショット玉が変更になった場合は、機械のライニングを見直す必要があるかもしれません。

ライニングのアップグレードには、ゴムからポリウレタンへの変更、ゴムからマンガンプレートへの変更、マンガンプレートからキャストライナーへの変更などがあります。

ルーフトンネルや床(ルーバープレート)も過度の摩耗を防ぐためにアップグレードすることができます。

 

集塵機と廃棄物処理

バッグ型集塵機を最新技術のカートリッジフィルタユニットに交換することは、気流中の塵を除去する最も効果的な方法です。

カートリッジフィルタは継続的な運転用に設計されており、ライン洗浄を使用して吸引を維持するため、ショットブラスト機を継続的に運転することができます。

カートリッジ式システムの効率性により、空気を工場に戻すことができるため、使いやすい場所に柔軟に配置することができますが、バッグシステムは外部に排出するために外壁の隣に配置する必要があります。

集塵機に排突モニター装置と警報装置を追加することで、異常な粉塵排出レベルを検知し、健康と安全の基準を満たすことができます。

ショットブラスト機に自動差圧モニターユニットを導入すると、差圧が測定され、圧縮空気が必要な場合にのみ使用されるようになります。

廃棄物をユーロバッグに排出することは、責任ある方法で粉塵廃棄物を除去するための最も効果的なプロセスであり、健康と安全のリスクを低減し、作業環境を改善します。