さらにスリムで、強力なAI 向けの設計: アルミニウム部品向けのコンパクトな新スピナーハンガーブラスト機

発行日時

Wheelabrator は、アルミニウム アプリケーション専用の新しいコンパクトなブラスト機を新たに発表しました。Wheelabrator の信頼性の高いバッチ式スピナー ハンガー ホイール ブラストの概念に基づいて、新しい SPH-2-3/8 はさまざまなアルミニウム部品のスケール除去、デバリング/デフラッシュおよび洗浄機能に優れています。このアプリケーションに特化して機器を最適化することで、設計チームは価格を大幅に削減できました。

SPH スピナー ハンガー シリーズの他の製品と同様、この新しい機器は、垂直軸を中心に回転する 2 つのハーフ シリンダーを形成する 2 つのブラスト チャンバーを備えています。これにより、充填/排出とブラストを同時に実行できるため、スペースと 2 つのブラスト ホイールの両方をより効率的に使用することができます。

Wheelabrator の設計エンジニアは、SPH スピナー ハンガー ブラスト洗浄シリーズ (SPH-2-3/9) の既存のモデルに基づいてこの新しい機器を設計しました。これは、より広範なアプリケーション向けに設計されているため、より重い構造が必要となります。 

新しい SPH-2-3/8 とアルミニウム アプリケーションのニーズに厳密に対応することにより、より軽量でスリムなデザインが実現しました。これに伴う喜ばしい効果として、最終的な機器の価格は、より重い機器に比べてかなり低減されます。

性能の大きな変化

同時に、ブラスト性能と研磨スループットは SPH-2-3/9 より大幅に増加しています (総研磨量は 174kg/分から 300kg/分に増加)。 

この性能の大きな変化は、SPH-2-3/8 の 2 つの最先端の TITAN 14.3 ブラスト ホイール (ダブル ディスク、8 つのブレード、鋼工具製摩耗部品) によるもので、より高い入力電力とブラスト性能により、より適切かつ迅速にブラストを行うことができます。

ポートフォリオ開発担当バイス プレジデント Stanislav Venclik は、新しい機器に関して次のように述べています。「アルミニウム アプリケーションは増大しており、この新しい機器の発売はそれを反映しています。コンパクトなデザインで、セルのレイアウトを含む、厳密に構造化されたアルミニウム製造環境に最適です。さまざまなワークピースに対応できると同時に、優れた工程効率と生産フローへのシームレスな統合を実現します。加えて、チームが実施する微調整で、機器の信頼性と稼働時間がさらに向上します。」

コンパクトで多様

新しい SPH-2-3/8 スピナー ハンガー ブラスト洗浄機は、1.5m×1.5m 未満というコンパクトなフットプリントと、迅速な設置 (およびモビリティ) のためのピットレス設計を特長としています。

ワークピースを運搬するハンガーの高さは 800mm であり、装填されたハンガーの最大エンベロープの円径は 300mm です。最大荷重は 1 ハンガーあたり 150kg です。