構造部品と翼のピーニング

ピーニングとピーン成形

航空機構造物と翼の部品には、ショットピーニングまたはサチュレーションピーニングが必要です。これにより、材料を補強し、形状を変更し、塗料を除去し、以後の工程に備えて表面処理を行います。

高精度、信頼性および再現性を確保するため、Wheelabratorのピーニング、ピーン成形、塗料除去の各技術では、すべての大手航空宇宙会社とその二次および三次サプライヤの製造工程に非常に重要なステップを提供しています。

Wheelabratorは、特注設計のピーニングと表面処理の各ソリューションを専門とし、お客様の課題に対応するソリューションを提供してます。

国際的な技術革新(世界に広がる5つの技術センター)と国際的な機械のサポートにより、お客様のピーニングと表面処理のニーズにお応えします。

ピーニングとピーン成形 

スパー、リブ、翼弦、縦通材などの航空機の構造部品は、エアブラスト機またはホイールブラスト機のいずれかでピーニングすることができます。この目的は、疲労寿命を延ばすための圧縮残留応力の導入、製造工程後の歪みの減少、曲率(R)の形成です。構造形状があまり複雑でないときは、量産にホイールブラスト技術を使用することができます。より明確で精密な生産環境には、エアブラストソューションを使用することができます。

ホイールブラストソリューションは:

ホイールブラストソリューションは、戦略的に配置された複数のホイールで構成されます。各ホイールは電動機によって直接駆動され、その速さは周波数が可変の個々の駆動装置によって調節されます。

エアブラストソリューション:

2列のノズルが構造体の幅を通過する間、部品は、通常、機械内を通過し、あらゆる側から同時に部品のピーニングを行います。

ホイールブラスト技術による翼と機体のピーニング
生産ラインに組み込まれた頭上コンベアを備えたブラスト機によるホイールブラストピーニング:ホイールは、周期的に振動するパネルに取付けられますが、このパネルはホイールの角度を変更し、最適なブラスト位置を得ることができます。ブラストホイールがピーニングする個々のエリアに噴射できない場合、複数のエアブラストノズルの列を備えた可動台部をオプションとして追加することができます。

“エアブラスト技術による翼のピーニング”

半径が金属の弾性域内にある曲率を形成するため、頭上モノレールコンベアに乗せて翼のスパーを搬送します。

翼と機体の骨組みの成形とピーニング、サチュレーションピーニングおよびリブ、縦通材、スパーの歪み矯正には、一般に、MP20000機を使用します。

“エアブラスト技術による機体構造物、機体の骨組み、翼外板のピーニング”

の用途に対応するため、Wheelabratorには、特別に設計されたMP6000ピーニング機およびピーン成形機があり、非常に高いレベルの信頼性と生産性を提供しています。詳細はこちらから。

納品:

18週間以上

技術:

エアブラスト

MPF 20000航空機主翼ピーニングマシン

航空宇宙の主翼外板の飽和ショットピーニングとピーン成形用の究極のソリューションです。CNCシステムが持つ高度な精度や柔軟性と、幅広い範囲でピーニングの力を制御する能力が合わさることで、ほどんどの場合で必要なピーニングの補正なしに、完全自動モードで複雑な主翼板を成形できます。

続きはこちら

納品:

18週間以上

技術:

エアブラスト

MPRF 16000ロボットピーニング・成形システム

航空宇宙の主翼外板の飽和ショットピーニングとピーン成形用の高度な精度と柔軟性を備えたロボットピーニング・ピーン成形システムです。

続きはこちら

納品:

18週間以上

技術:

ホイールブラスト

パススルーモノレール型ショットブラスト機タイプC

最新の搬送技術と高効率のブラストホイールの組み合わせで短いブラスト処理時間を実現します。

続きはこちら

Case Study: Composite Technology

Helicopter rotor blade repairer sees productivity levels lift off after purchasing a bespoke blastroom from Wheelabrator.

Read more.