製のショットブラスト用ブラスト室

エアブラスト室の主な特徴は、ブラスト工程中にオペレータが室内にいることです。防護服とヘルメットによって研削の衝撃からオペレータを保護し、オペレータのヘルメットを通じて新鮮な空気を供給することで、十分な換気が可能となります。

ブラスト室は大きな部品または自動ブラストを行えばコスト高となる部品に使用します。ブラスト室に設置されるノズルマニピュレーターと組み合わせて表面を自動的に処理し、アクセスしづらいエリアも手動でブラストできます。必要なブラスターの数を減らしながら、柔軟性を維持します。

ショット玉の搬送もこの機械の設計で際立った特徴です。Wheelabratorは実績のあるPulsomaticのフラットなフロアコンベヤとその浅い設置深さに加え、ショット玉搬送用のスクリューコンベヤと振動ベルトについても豊富な経験もあります。