ブラストシミュレーション技術

より良い機械設計と迅速な機械納入をサポートする高度な技術

機械が製造される前、または最初の図面が作成される前に、投射機が特定のワークピースをどのように投射するかを知ることは、適切な機械コンセプトの決定を迅速に行うことができ、時間とコストを節約できることを意味します。Wheelabratorは、投射シミュレーション技術を使用して、あらゆる投射機または投射ノズルの構成に対して、ワークピース上の投射結果をヒートマップとして表示します。

どのように機能するのですか?

このチームは、ワークピースの仮想モデルを使用して、仮想投射機またはノズルの配置でワークピースを動かし、関連するすべてのパラメータを制御します。

投射パターンはガウス分布としてプログラムされ、表面上の研掃材の各ヒットがカウントされ、処理の強さを示す色に変換されます。

結果として得られるヒートマップは、部品が投射が当たりすぎているまたは当たっていない場所、研掃ファンに均等にさらされている場所、または投射の影がある場所を正確に示しています。

ここに示されている画像では、緑がかった青、緑がかった黄、緑がかった青、緑がかった黄の冷えた部分は十分にカバーされているとみなされ、紫は投射されていない部分を示し、赤は当たりすぎを示しています。シミュレーションで生成されたカラースペクトルは、直接Saクリーニング度に変換することができます。

ビデオ

ブラストシミュレーション技術

これにより、時間とコストを削減するだけでなく、設計工程から技術的なリスクを大幅に排除することができます。

Heinrich Dropmann

ドイツ、メテレンにあるWheelabratorの技術センターで投射機チームを率いるHeinrich Dropmann氏は説明します。"投射シミュレーション技術により、設計または製造の前に適切な機械の種類と構成を見つけ出し、微調整することができます。可視化は、お客様との話し合いの絶好の基礎となり、契約前に仕様に磨きをかけ、最も効率的なソリューションを見つけるのに役立ちます。これにより、設計プロセスから技術的なリスクを大幅に排除し、時間とコストを節約することができます。

すでにシミュレーションでは、140以上のパラメータを考慮に入れて「現実に近い」ブラストパターンを提供していますが、Wheelabratorチームは、角度、速度、研磨材の量、大きさ、形状、跳ね返り効果などの特定の変数の影響をさらに検証する作業を行っています。また、シミュレーションの一部として表面品質のさまざまなパラメータ(例えば、粗さやアルメン値など)をマッピングする努力も進められています。

Heinrich Dropmann氏は次のように締めくくります。"ブラストシミュレーションの精度が高ければ高いほど、結果として得られる機械はより効果的で効率的になります。たとえば、シミュレーションによって、当社とお客様はブラストホイールの数を減らしてエネルギーと研磨材を節約することができると確信できるかもしれません。全体的に、コンセプト段階でシミュレーションを使用すると、新しい機械のリードタイムを大幅に短縮できますが、ブラスト工程に最大限の自信を持つことができます。

Wheelabratorでは、お客様に最適なブラスト結果を達成することに全力を尽くし、これを確実にするために革新的なブラストシミュレーション技術を利用しています。
ブラストシミュレーション技術により、お客様の正確な仕様のワークピースに最適な機械の種類とホイールの配置を見つけることが保証されます。これにより、エネルギーを節約し、機械をより短いリードタイムで納品できるようになり、技術的リスクが最小化され、技術仕様の基礎が達成されます。