投射メディアと研掃材

金属、プラスチック、ガラスビード、溶かされたアルミナおよびセラミックメディアタイプ

Wheelabratorは、お客様があらゆる用途に対応できるように、さまざまな種類の投射メディアを紹介しています。適切な投射メディアを特定することは、可能な用途の数が多い上、それぞれの用途に特殊性があるため、簡単な作業ではありません。このため、Wheelabratorは、お客様が希望の表面仕上げを確実に達成できるよう、投射媒体の選択に同行することも可能です。

お客様の優先サプライヤーとしてWheelabratorを選ぶことで、お客様は、模範的な生産工程、妥協のない品質の恩恵を受けることができます。当社の投射メディアは、航空宇宙、自動車、軍事部門で必要とされる多くの特定の製品承認に適合しているため、当社の製品と工程に究極の信頼を得ることができます。

メタリック投射メディア

  • 高炭素鋳鋼ショット
  • 低炭素鋳鋼ショット
  • チルドアイアングリット
  • スチールグリット
  • カットワイヤーとコンディショニングカットワイヤー
  • ステンレスショット

Wheelabratorの金属メディアは、以下の仕様に合わせて供給できます。MIL-Spec S851、MIL-Spec S13165、SAE J444、SAE J1993、SAE J827、SAE AMS 2431/1,2 CSS 119、CSS 118、DIN 8201。

プラスチック投射メディア

  • II型尿素ホルムアルデヒド
  • III型メラミン
  • V型アクリル

WheelabratorのプラスチックメディアはMIL-P85891AとCSS227に適合しています。

ガラスビーズメディア

  • ヴァカシェーン
  • ピーニングビーズ
  • グラウンドグラス顆粒(GGG

Vaquasheneは、ほとんどの主要な航空宇宙、MODおよび核仕様に適合し、承認されています。承認には、CSS8、ABP1-2027/2029 & BAEP 2007が含まれます。ピーニングビーズは、以下の仕様で提供することができます。MIL-Spec -PRF-9954D、MIL-S-13165及びAMS2431/6、など多数

アルミナ投射メディア

  • ホワイト
  • ピンク
  • 褐色
  • 再生アルミナ

グレードをご用意しています。FEPAマクロおよびマイクログレードが利用可能で、特に投射機業界向けには、ふるい分けされたスプリットグレードが用意されています。認可:CSS12 ABR-9-0160、ABP1-2032/2033。

セラミックビーズ

  • ジルブラスト
  • ジルショット

利用可能な等級。ジルブラストは6種類の銘柄があり、一般的に洗浄、バリ取り、仕上げ用途に使用されます。ジルショットは5種類の銘柄があり、その改良された真球度と狭いサイズ分布のため、一般的にショットピーニング用途に使用されます。認可:ZirblastはフランスのNF L 06.824仕様に準拠しています。ZirshotはNF L 06.831、SAE J 1830、AMS 2431と2431/7、およびMIL-Spec 13165Cに準拠しています。