軽量かつ柔軟: Wheelabrator の新型 LBS メッシュ ベルト ブラスト機

発行日時

Wheelabrator は、信頼性の高い LBS メッシュ ベルト ショット ブラスト機の軽量タイプを新たに発表しました。ベルトがメッシュになっているため、比較的狭いスペースで、すべての面から部品を回転させずに効率的にブラストできます。

ドイツのメテレンにある Wheelabrator Centre for Product Innovation で設計され発売される新しい LBS モデルは、錆や熱スケールの除去から表面仕上げに至るまでの軽量物~中重量物の用途に向けた、高度な柔軟性と処理の信頼性を備えています。これらの製品は特に、アルミニウム部品の処理に適しています。

優れた適合性

4 つまたは 8 つのブラスト ホイールを備えたこの新しい装置は、素早い設置を可能にするピットレスのコンパクト設計、最適化されたブラスト パターン、そして他の LBS 装置よりも人間工学的に優れた床面高さを備えています。そのため新しいモデルは、余裕のないレイアウトにも適合し、より簡単に移動できるほか、追加の取扱設備もあまり必要とせず既存のプロセスに柔軟に統合できるようになっています。

Wheelabrator のメッシュ ベルト ショット ブラスト機はすべて、平坦な部品だけでなくより複雑な部品もパススルー処理によって効率的にブラストします。LBS 製品に適した典型的な部品には、小型の組立部品、ギアホイール フランジなどの平坦な鋳造部品、およびギアボックス筐体などのより複雑な部品があります。全面にわたる優れたブラスト処理を実現するため、ブラスト ホイールはベルト方向に傾けて最適な位置に配置されています。

強化された人間工学的設計

新モデルは 4 ホイールと 8 ホイールの両タイプとも、非常に効率性の高い 11kW TITAN ブラスト ホイールを備えており、4 ホイール タイプは 1000 mm、8 ホイール タイプは 1100 mm という人間工学的なベルト高さ (床面高さ) を特徴としています。最大幅 1000 mm、高さ 500 mm までのワークピースを収容可能で、標準ベルト負荷は 80kg/m、オプションの拡張ベルト負荷は 200kg/m です。 

新世代 LBS 機のうち最初の 2 種は、すでにハンガリーと中国のお客様向けに販売されています。5 月に中国で開催される Metal China では、Wheelabrator 社のスタンド (ホール E1、ブース F06) で新しい LBS を間近でご覧いただけます。これは Wheelabrator 社が LBS モデルを展示会で発表する初の機会になります。

メテランにある Wheelabrator 社の副社長 Heinrich Dropmann 氏は、次のように説明しています。「この新しい軽量タイプの LBS 機は、お客様の変化しつつある製造環境に対応したもので、エルゴノミクスと柔軟性により大きな重点を置いています。ピットレス設計のためより素早く簡単に設置できるとともに、コンパクトなスルーフィード設計によりスペースの節約と幅広いワークピースの処理が可能になっています。」