大きなWheelabrator機

発行日時

Wheelabratorマシンが軽量で小型であると思われることはほとんどありませんが、当社最大のブラストマシンがどのくらいの大きさか考えたことはありますか?当社もこれに興味を持ち、調査した結果、これら3つの有力候補を見つけました。

連続させることによるブラストパワー

2017年4月、チューリッヒのWheelabratorチームが設計したブラストマシンが、当社初の5モジュールHBストリップ脱スケールマシンとして社内記録を更新しました。このチームは以前、最大6モジュールのHBマシン配列を設計したことがありますが、これは、2または3モジュールのマシンを組み合わせることで達成されていました。

この新たなブラストマシンは、台湾のお客様向けのもので、5つのブラストチャンバーをつなげる必要がありました。通常より狭い設置スペースで要求されるブラストパワーを満たすため、各ブラストチャンバーに強力なU105x500投射機が4基装備されました。この新たなHBストリップ脱スケールマシンは、長さがわずか28.5mでありながら、20基の投射機が合計2,200kWのブラストパワーを生み出します。

空気とホイールを組み合わせたブラストマシン

もう一つの最大ブラストマシンの候補は、ドイツ、メテレンの当社チームが製造しました。2013年に製造されたこのマシンは、それまでで最大のコンバインドショットブラストマシンで、アイルランド、キラーニーのLiebherr Container Cranes Ltd社に納入されました。

コンバインドパススルーモノレール型ショットブラストマシンとして設計されたこの怪物は、長さ36m、幅および高さ8mで、運搬軸に沿って2つに分離可能です。

内部には24基のTITANブラストホイールが交差する円に沿って配置されています。ブラスト対象部品はその後、タッチアップエリアに移動し、手動エアーブラストおよびショット玉除去が行われます。

このマシンは、重さ52t、長さ52m、幅3.5m、高さ4.2mのクレーン部品をクリーニングすることができます。

謎めいたモンスター

上の2つのマシンは、規模と複雑性において巨大ですが、メテレンのチームはもう一つのマシンを設計しました。このマシンは2015年、ひそかに試運転が行われ、その力を見せつけました。

このマシンは、一台に装備されるタービン数としては最大となる48基の投射機を特徴としています。残念ながら、この謎めいたモンスターについてご紹介できるのはここまでです。

この記録を破るような事例がございましたら、ツイッター または Eメールでお知らせください。