改良型内部洗浄機―AIC

‐シリンダーヘッドのウォータージャケット開口部、クランクケース、モーターブロック、類似の複雑な鋳物を投射すること.

改良型内部洗浄機―AIC

納品:

18週間以上

技術:

エアブラスト

用途:

内部クリーニング

業界:

Medium/Heavy

プロセス:

インライン

主なメリット

内部表面、孔および開口部の徹底的な研掃

再現性を達成するための完全な工程制御システム

工程パラメーターの追跡可能性

ツールの取り換えにより柔軟性および部品ごとのコストが改善されます

機能

  • Wheelabratorは幅広い部品に対し本機用に様々な設定を提供しています。
  • 投射ランスは最小5mmの孔および開口部に使用することができます。
  • シリンダーヘッドの内部投射に対し、シリンダーヘッドを固定ノズルの方に移動するワーク旋回装置が使用され、内部孔からショット玉が補助されます。
  • 底部の旋回ノズルにより下側の孔の同時投射が可能となります。

用途

‐シリンダーヘッドのウォータージャケット開口部、クランクケース、モーターブロック、類似の複雑な鋳物を投射すること。

ワークノズルの取り扱い

AIC機のモジュール構造により、これらは様々なワークピース、投射用途およびスループットに適合するよう容易に改造可能です。
シリンダーヘッドの内部投射に対し、シリンダーヘッドを固定ノズルの方に移動するワーク旋回装置が使用され、内部孔からショット玉が補助されます。
底部の旋回ノズルにより下側の孔の同時投射が可能となります。
しかしながらモーターブロック投射中は、ノ ズルまたはランスが孔および開口部上またはその中で旋回します。

1つの機械内の双方のシステムの組み合わせも可能です。ご 希望のスループットによっては、複数の平行作動システムが順々に設置されます。ワークピースを機械内、機械を通してプロセス の次の部分へ持っていく3つの完全自動移送システムが利用可能です。

Wheelabratorの改良型内部洗浄機(AIC)は今までに類を見ないもので、効率、再現性を高め、品質を改善し、工程時間を減少させています。

柔軟な機械設計

様々なワークピースまたはノズル上昇下降装置が投射される孔および開口部の配置により統合されます。

ご希望の生産率によって、複数の同時に作動する投射ステーションがアレンジされます。投射後、孔およびワークピースが圧縮空気または部品を回転することによって研掃されショット玉が取り除かれます。

この機械は独立型ユニットとして納入可能であり、ワークピースがノズルの方へ上昇、またはノズルがワークピースの方へ移動、または生産ラインに統合された完全自動移送システムを備えています。

AIC機はモジュール8原理に従います。

移送システムは内部投射の要件に応じて他の移送装置によって改造、または必要であれば交換できます。


あらゆる孔および開口部の種類ならびにワークピース上の位置に対し、異なる投射ノズルが必要とされます。

Wheelabrator Groupは孔を投射する様々な直線および曲線標準投射ノズルを提供しています。これらのノズルで不十分な場合の特殊な用途に対しては、Wheelabrator Groupは特注の投射ノズルを開発できます。

内部エリアの直接の処理に対して、固定または回転投射ランスも使用されます。投射ランスは内部エリアの対象となる直接投射が可能となるよう孔の中に移動されます。

投射ランスは最小5mmの孔および開口部に使用することができます。

キャビネットハウジング

キャビネットハウジングはねじ込みパネルでできており、これにより投射器、投射ステーションの数、待機位置、研掃ステーションなどのご希望に合わせて、キャビネットの改造が容易になっています。
保守、改良および設定作業アクセスのためにハウジングは広々と設計されております。
内部壁は摩耗保護及び騒音レベルを減少させる特殊ゴム張りです。
機械の屋根はアクセス可能で投射ホースへの統合Y型部品の設置に使用されます。

改良型内部洗浄機―AIC のアニメーション

3Dアニメーションはここからご覧ください。

ショット玉再生 

改良型内部研掃機、新多段分離器が荒滓分離器および自動排出機と共に使用されます。振動荒滓シーブによりバリや鋳物砂のような荒滓がショット玉から分離されます。荒滓は自動的に縦管を通して方向付けられごみ入れに入れられます。3段分離器の個別に調整可能な段により細かいごみおよびくずごみがショット玉から分離されます。後続の緩衝室により良質のショット玉がごみ入れにできるだけ入らないようにすることができます。このタイプのショット玉再生により一定の投射結果が確かなものとなるようにできます。

 

機械ごみ抽出

投射工程中、ごみおよび小型のショット玉がワークピースからはがれた錆およびスケールによって生み出されます。小型のショット玉は異なるショット玉の種類、サイズのために個別に調節されるショット玉研掃器内に分離されます。適切な負圧が集塵機により発生し、ここでサイズおよび体積流量が機械のサイズまたは投射ノズルの数に対し適合されます。集塵ユニットに先行するバッフルスイングプレートにより小型のショット玉が分離され(集塵機の不必要な摩耗の防止)、これは追加的にスパーク分離器として認められATEX法の順守の重要な要素となります。設置された集塵機は強度、継続時間が調節可能な圧縮空気パルスによる自動洗浄と共に作動します。集塵機上の全ての要素は発火源から離れています。

ショット玉

丸型鋼ショットが鋳物の内部投射に最も一般的に使用されるショット玉です。自身の重量によりこのショット玉は壁との多くの衝突によって妨げられることなく開口部の全長にわたる経路に対し十分に加速することができます。従ってこのショット玉は長い開口部においても十分な投射効率を有しています。使用されるショット玉粒子のサイズは開口部のサイズと長さおよび許容可能な粗度に左右されます。しかしながらしばしば切断ワイヤーが使用されます。これはより高価ですが、くず粒子が少ないという重要な利点があり、これによりショット玉損失とショット玉再生の費用を大幅に減らすことができます。