MPR 1500 LDG着陸装置ピーニングシステム

MPR 1500 LDG着陸装置ピーニングシステム

納品:

18週間以上

技術:

エアブラスト

主なメリット

内部穴と外面を同時にショットピーニング処理することが可能

航空宇宙業界の最高仕様に適合

工程の反復性を保証

最も効率的な工程制御や監視ソフトウェア

機能

  • 最大の部材サイズ:直径1500 mm x 高さ1000 mm、重量:で500 kg(回転テーブル上)、直径1000 mm x 高さ2100 mm、重量:150 kg(スピンドル上)
  • 最大2000 mmの内部穴のショットピーニングに対応した側面NCランス装置 
  • 完全な工程制御を行うためにSiemens PLCと連動したABBロボットコントローラ
  • ピット無し空圧式リカバリシステムを装備したダブルウォールキャビネット
  • 安定化基礎フレームが精密回転テーブルとABBロボットを支えて一定した精度を確保
  • 空圧やショットの流量の調整を行うための精密圧力発生装置
  • 品質に関するレポート、メンテナンスアシスタント、工程の安定性に関する統計情報を含む監視ソフトウェア

用途

  • 着陸装置のショットピーニング
  • 着陸装置の部材の内部穴と外面を同時にショットピーニング処理

“各種の複雑な着陸装置の部材のID + ODショットピーニングに適しています。”

汎用性の高いロボットピーニングシステム、Wheelabrator MPR 1500 LDGマシンは、着陸装置の部材の処理用に特別に設計されています。航空宇宙業界の最高仕様に適合するMPR 1500 LDGは、各種の複雑な着陸装置の部材のID + ODショットピーニングに適しています。汎用バージョンには最も効率的な工程制御や監視ソフトウェアが含まれており、品質に関するレポートや工程のパフォーマンスデータを提供します。

オプションの機能   

  • 4、6、8または12 個の数値サテライトを装備した回転テーブル
  •  小径穴のピーニングに対応した回転ランス装置
  • 最大75 dBAの防音
  • 同じシステム内のさまざまなショットのサイズや硬度に対応した高速媒体切替システム
  • オフラインでのプログラミング
  • エアフローを制御