塗料除去

修理の準備

“機体、着陸装置およびホイールの塗膜剥離 ”

航空機の保守、修理、診断(MRO)装置は、航空機の表面から塗料を除去する工程として、化学薬品を使用しないブラスト手法による塗膜剥離を使用してきました。これは、より環境に責任のある方法です。この工程は、クラック検出のための表面処理または接着前の表面処理に最も役立ちます。

“航空機周囲の塗料除去 ”

3つの移動軸を備えたノズルマニピュレーターは、回転しているワークピースの内部および外部の輪郭上に1本のブラストノズルを誘導します。この動きのパターンは、ブラストプログラムに組み込まれています。
機体の塗膜剥離

塗料は、ブラスト室で除去され、ノズルは手動または自動で動作できます。これらのソリューションの開発では、先進的なソフトウェアが使用され、工程をシュミレーションし、空気圧を評価し、プラスチック媒体の流れを評価し、ノズル設計を最適化します。

その場での塗料除去と修理

保守、修理、診断(MRO)をその場で行うには、塗料除去と他のブラスト研掃用途向けの閉回路式ブラスト機を使用できます。詳細については、閉回路式のページをご覧ください。

納品:

6~12週間

技術:

エアブラスト

Vacu-Blast Ventus Cabinet

Vacu-Blast Ventusエアブラストキャビネットは、直圧式ブラストキャビネットまたは吸引式ブラストキャビネットとして提供されています。また、さまざまな研磨媒体が使用可能です。

続きはこちら

閉回路式ブラスト機器

Wheelabratorは、強力で使いやすく、またコンパクトで操作しやすい設計のさまざまな直圧式の閉回路式ブラスト機を提供しています

続きはこちら